昭和も遠くなりにけり2009/04/30

残照、残光、余光を前に
○昭和の日 昭和は遠く なりにけり
○昭和の日 昭和も遠く なりにけり

 助詞にもいろいろある中で「は」と「も」は係助詞と呼ばれる種類に属し、その代表的な存在である。前者は特にひとつの物事を提示したり、それを提示することで叙述の範囲を限定するときに使われる。上記の例で言えば他でもない「昭和」という時代がこの句のテーマなのだと宣言する役割を果たしている。これに対して後者の「も」は、他にも似たような事物があることを言外にほのめかしながら提示するときに多く使われるが、詠嘆や感動の意で用いられることもある。
 元号が昭和だった頃「天皇誕生日」の名で親しまれた4月29日が一昨年から「昭和の日」と呼ばれるようになった。元号が平成に改められて18年後のことである。今年は昭和で数えるともう84年にもなる。なぜこんなにも時間が経ってから「昭和の日」が登場したのかという思いと、そこまで昭和にこだわり続ける意味は何なのだろうかという思いとが交叉してくる。これがまさに前者の句の意図だろう。
 昭和の前は大正だった。大正で言うなら今年は大正98年である。大正という時代は正味ではわずかに15年しかなく、その長さにおいてすでに平成に抜かれている。時代思潮が自由主義的であったことと結果としての短命は偶然の関係だろうが、何か関係があるのではと思いたくなるほどの長閑さと自由な空気が少なくとも時代の前半には漂っていた。後半は関東大震災に見舞われるなど様相は一変し、世情は徐々に暗さを増してゆく。大正生まれはまだ健在な人も少なくないから話を聴くなら今のうちだろう。さらにその前の明治はと数えてみると、何と今年は明治142年となる。もはや健在を期待できる年数ではない。
 ところでどちらの句も広く人口に膾炙された「降る雪や明治は遠くなりにけり」が念頭にあり、それを下敷きにしていることは疑いない。明治34年生まれの中村草田男が俳句を始めてまだ間もない頃に詠んだ「降る雪や」は句集「長子」に掲載されている。句集が東京の沙羅書店から発行されたのは昭和11年だが詠んだのはそれよりだいぶ前の、明治が終わって20年ほど経った頃のようだ。そんなことも考えながら先ほどの句を眺めると、ここはやはり「も」の方がぴったりする気がしてきた。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック