◆官僚の知恵と手法2009/09/03

忘れてはいけないこと(2)

 さて官僚は政党政治が始まると今度は、政治家を隠れ蓑にする方法を編み出しました。軍部が台頭したときは彼等と一緒に美味い汁を吸うことも覚えました。戦争に負けてからの暫くは復興に精を出した時期もありますが、経済成長が確実になると保守政治家と手を携え二人三脚で税金の配分に熱を上げてきました。その手法を政治家に教えたのも官僚です。これはと思う政治家に近づき、「先生の地元に予算を付けておきました」と耳元で囁くのです。右肩上がりの経済成長が続く時代は何をやっても借金を増やす心配はなく、もちろんばれることもありませんでした。何もしなくても税収は増えました。そして、いつどんなときでも自分たちの取り分だけは忘れずに確保するのが官僚の流儀です。
 時にまっとうな政治家が現れて口出しされても何のかんのと口実を設け、目立ちにくいところに法の抜け穴を準備してきました。法律の制定や改正には国会の審議が必要です。そこで法律はなるべく抽象的な表現に止めることにしました。こうしておけば言い訳に苦労することもありません。何より細部は常に、自分たちの都合で決めることができます。これが省令とか施行規則と呼ばれるものの正体です。省令でも都合の悪いときは証拠を遺さないように、窓口での口頭対応で切り抜けます。これが行政指導と呼ばれるものです。こうした仕組みは地方官僚にも真似をされ、都道府県庁から村役場まで日本の公務員が税金を食い物にする共通の手法になってしまいました。(つづく)

 写真はサルスベリの花です。サルスベリは漢名を百日紅(ひゃくじつこう)といいます。この植物については改めて紹介する予定です。

○オクラ(1)--夏野菜2009/09/03

 近所の石山さんの畑にはオクラの畝がずらりと並ぶ場所がある。この春に「大根の味」で紹介した主婦が耕す、広い畑のことである。この場所が7月の中旬頃から午前中だけ急に華やかになった。待宵草のような黄色の花が、ご主人が出勤する頃から急に咲き始めるのである。早朝はまだ閉じていて、しかも不思議なことに午後になるとまた閉じてしまう。だから多分ご主人は、この花のことは知らないだろう。

 閉じた花は遠くからは白い点くらいにしか見えない。だが、その白っぽいとんがり帽子のような花びらの下で小さなオクラの赤ちゃんが育ち始めている。そしてオクラが育つと、とんがり帽子は落ちてしまう。育ち始めたオクラの成長は早く、あっという間に10センチを超える長さとなる。

 この大きなオクラを石山さんは20本も袋に詰めて週2回、100円で分けてくれる。その日が近づくと曜日を間違えないように早く寝て早く起き、散歩の帰りに石山さんの畑へ寄って戴いて帰る。たいてい胡瓜に茄子にトマトに獅子唐と、他の夏野菜も加わるから帰りの荷物は結構な重さである。腕の鍛錬だと思って右と左と時々持ち替えながら家路につくが、欲張った日は肩が凝る。(つづく)

 ⇒http://atsso.asablo.jp/blog/2009/03/08/ 大根の味(2)