○オクラ(2)--夏野菜2009/09/05

 オクラという植物の正体には不明な点が少なくない。辞書によって記述の異なることもあれば、誤りか誤りに近い記述も見られる。せめて花が咲き出す時間くらいは自分の目で確かめてから記録して欲しいものだ。それはさておき、初めてこの呼称を耳にしたとき、いったいどんな漢字を当てるのだろうとまず考えた。だが「オクラ」が英語を話す人々の間で使われる okra を仮名に置き換えただけの呼称と分かり、がっかりした。オクラはいかにも日本人が好みそうな和風の言葉であったからだ。

 とは言え、オクラの歴史も決して単純ではない。まず okra は一種の発音記号だから例えば米国と英国では異なって発音され決して一様ではない。オォクラもあればアクラもある。原産地がどこであるかも実はよく分かっていない。だがこれを好んで食べる人々やそうした人々が多く暮らす地域をたどると、北米地域への伝来は奴隷貿易の頃であり、西アフリカ辺りからもたらされたものだろうとの推測が成り立つ。しかしそこが原産地かどうかははっきりしない。

 日本にいつどこから伝わったのかも明確ではない。オクラの異称とされる「アメリカねり」を手掛かりにしてよいなら開国後の幕末か明治の頃に米国からと見るのが一般的だろう。同様の例はほかにも「アメリカぼうふう」などが知られる。では、もうひとつの異称「ガムボ」の場合はどうだろうか。これもどうやら米国の一部とカリブ海沿岸地域で使われる gumbo を仮名に置き換えた呼称と思われる。

 オクラも決して米国内で広く知られる言葉ではないが、ガムボの場合はもっと少数派になる。この語の起源はポルトガル語の quingombo が訛ったとする説が有力だ。もしそうだとすると、このポルトガル語は東アフリカ辺りで quillobo と呼ばれている植物が訛ってできた言葉だから、オクラの起源もその辺りまで遡ることが可能かも知れない。このように比較的新しいと思われる言葉でも、その起源を探すのは生やさしいことではない。

 今日の写真を見ていると何となく米国のオバマ大統領を彷彿とさせるところがあって、益々石山さんのオクラが好きになる。栄養豊富で廉価で、庶民向きの野菜だと思う。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック