◆駄々を捏ねる政治家達2009/09/07

 幼い子供が自分の思い通りにならないとき、親や周囲の近しい大人に我が儘放題を言ってぐずぐずしてみせることを「駄々を捏ねる」という。「捏ねる」のそもそもの意は粉や土に水などを加えて練ることだが、転じて無理・難題などをあれこれ言い続ける意となった。「駄々」の後に子供が好きな遊びである捏ねるを使うことで、これが知恵がつき始めた幼少期の子供に特有の現象であることを表している。拗(す)ねる、ともいう。この場合、駄駄あるいは駄々の文字に特別な意味はなく、単に「だだ」という表現・言い回しを視覚化するための当て字に過ぎないと考えるのが一般的である。
 言葉の起源は江戸時代初めまで遡ることができる。用例を見ると当時は、どうやら激しく地面を踏みつけて怒りなどを表す意に用いられた語と推測される。しかし江戸時代も中頃になると現在と同じく、子供が甘えて我が儘を言う意に変化したことが分かる。以来300年間ずっと子供の我が儘を表す代表的な言葉として使われてきた。
 ところが2009年に入り、再び大人にも同様の現象が見られるようになった。今のところ確認された事例は次の3件である。まず7月の東京都議会議員選挙で大敗した自民・公明両党による特別委員会設置反対を口実にしての臨時都議会の招集反対と流会騒ぎ、次いで8月30日の横浜市長選挙で敗れた自民党横浜市議団が見せた林文子新市長に対する挨拶受け入れ拒否、さらに国政レベルにおいても特別国会を前に議員控室の割り振り・総入れ替えをめぐって抵抗を続ける自民党国会対策委員会といった具合で、いずれも男性中心の保守党政治家による駄々っ子ぶりが目に付く。そのため拗ねるといった、大人の女性に見られるような色っぽさは感じられない。地方ではなく東京横浜で起きていることも特徴だろう。
 間もなく、先月30日の総選挙で選ばれた議員による特別国会が始まる。衆議院では正副議長の選出や委員長人事などが予定されている。歳費という高額の国税を消費し税金の配分に絶大な権力を振るってきた旧政権与党の政治家達がこれらをめぐっても同様の騒ぎを引き起こすか、未練がましい駄々っ子ぶり・幼児化現象をいつまで続けるか、その諦めぶりが注目される。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック