○狐の剃刀(2)--野の草花2009/09/27

 彼岸花の仲間は11月から年末にかけて海岸近くの日当たりのよい斜面で咲き始める水仙が冬の花、そして日一日と日が長くなる頃に岬を彩る黄水仙が春の花、太い茎に大ぶりの花を付けるアマリリスが夏の花である。そして夏の終り、今度は狐の剃刀が芽を出し、花を付け、花は忽ち消える。

 狐の剃刀や彼岸花のように一体いつ葉が出るのだろうと心配したくなるものもあるが、多くは普通に葉が出て、茎が出てそれから花が咲く。実際は狐の剃刀や彼岸花にも葉はあるのだが、その時期には茎も花もないため誰も気づかないだけだ。

 名前からも想像されるように水仙や黄水仙は中国大陸を経由して渡来した。アマリリスは外来語そのもの、狐の剃刀と彼岸花が和名である。彼岸花は曼珠沙華とも呼ばれる。これを歓迎しない人々のいることも確かだ。狐の剃刀も決して誉められた呼称ではない。

 あるいはこれらの花々は太古の昔、球根が黒潮に乗って列島へと流れ着いたとも考えられる。文字のない時代のことは地中に眠る遺跡や遺物、そして物の名前や習慣などから想像するしか手がない。(了)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック