◎季節の言葉 凍る・氷(2)2010/02/01

 漢字の偏である三水は池、河、波、沖、汁など水に縁のある文字の構成要素に使われている。沈、没、汚、治のように水とは一見無縁と思われる文字も字書を引けば水との関係を知ることができる。

 氷が水の凍ったものであることは多くの人が知っている。凍るという文字の偏である冫は一般に二水と呼ばれているが、「ヒョウ」という漢音をもつ漢字でもある。冫は元は「人」を縦にふたつ重ねて書き、水が凍り始めたときのさまを表したものだと言われる。つまり氷は「冫+水」と記すことで、水が凍ったさまを示している。


 日本列島の先人たちは、当時が今より寒かったせいかどうかは知らぬが、凍るとか氷というものに対して現代人より遙かに細やかな観察をしていた。その名残が「ひ」と「こほり」の使い分けである。まず「万葉集」の恋の歌から紹介しよう。冬の凍てつく夜の待ち合わせを詠ったものだが、ついに相手は姿を見せることがなかった。

 我が背子は待てど来まさず雁が音も響(とよ)みて寒しぬばたまの夜も更けにけりさ夜更くとあらしの吹けば立ち待つに我が衣手に置く霜も氷(ひ)にさえわたり降る雪も凍りわたりぬ今さらに君来まさめやさな葛後も逢はむと大船の思ひ頼めどうつつには君には逢はず夢にだに逢ふと見えこそ天の足り夜に(万葉集・3281)

 霜は「氷にさえわたり」、降る雪は「凍りわたりぬ」と使い分けている。これは長時間、戸外で立って待っていたので衣の上に霜がおり、それががちがちに氷って氷(ひ)のような固まりになったという意味である。また、その間に雪も降ってきて、その雪が厳しい寒気に触れて表面が凍り始めたと歌っているのである。ひたすら待ち続ける心情、その哀れさがひしひしと伝わってきて切ない。


 また「源氏物語・蜻蛉」にも、この「ひ」が登場し、薫と小宰相の君の夫婦仲を示す小道具として使われている。「氷をものの蓋に置きて割る」「手に氷を持ちながらかく争ふ」「氷召して人びとに割らせたまふ」と「ひ」を割って遊ぶ様子が描かれている。この場合の「ひ」は冬のうちに氷を池などから切り出して氷室(ひむろ)に入れて貯蔵し、夏の暑いときに取り出して貴族の涼みの用に供したものを指している。池の表面に厚く張った氷も貯蔵時間の経過と気温の上昇とによってやせ細り、夏には人が割って楽しむくらいに薄くなってしまったようだ。(了)

◎季節の言葉 雪晴れ2010/02/02

 雪の後の空が青々と晴れ上がった状態をいう。降り続いた雪が未明には止んで朝から日の光の拝めるような澄みわたっ青空を表現した言葉である。当然、地上には見渡す限り雪が降り積もっている。風は吹かないし、遠目も利く。まさに冬冥利に尽きる景色を楽しむ一日となろう。大雪をもたらした寒冷前線がすっかり通過した後に見られる気象現象でもある。


 雪晴れで思い出すのは江戸後期に活躍した浮世絵師安藤広重の版画である。「東海道五拾三次」の亀山もよく知られる作品だが、板元から見た商品としての値打ちは江戸日本橋の雪晴れ風景の方が遙かに高かったようだ。同じ題材を扱った作品が上記以外に「名所江戸百景」や「東都名所」に含まれている。


  雪晴れの野も山もみな我が世界 まさと

◎季節の言葉 節分2010/02/03

 今日は節分。節分とは文字通り季節を分けるの意である。つまり本来なら春夏秋冬の年4回、季節の分かれ目・境目があるはずのものである。実際のところ例えば「源氏物語」を繙(ひもと)くと、かつてはそのようであったことに気づかされる。物語も終盤に近い「宿木」の巻には藤の花の宴の催される場面が描かれているが、そこに記された節分は現代における春の始まりの意ではない。春が終り夏が始まるときの節分である。

 夏にならば三条の宮塞がる方になりぬべし、と定めて四月朔日ごろ節分とかいふ事まだしき先に渡したてまつりたまふ。

 次の「東屋」の巻にも節分は登場する。薫と浮舟が宇治へ向け出立する場面に使われ、この場合は秋から冬への境目を示す節分の意となっている。

 (中略)なが月はあすこそ節分と聞きしか、といひなぐさむ。けふは十三日なりけり。

 このようにかつては季節季節の境目ごとに節分が意識され、境目を狙って横行すると信じられた悪鬼や病魔などの災厄を除(よ)けるための対策が講じられていた。これがいつの間にか、さほどの必要もないと思われたのか、時代とともに簡素化され、あるいは廃れて、残ったのが唯一立春前の今風の行事ということになる。

 そういえば時季外れの殺風景なもの(すさまじきもの)として「昼吠ゆる犬、春の網代、三四月の紅梅の衣、嬰児の亡くなりたる産屋、火おこさぬ火桶……」と並べたて、最後に「まして節分はすさまじ」と記したのは「枕草子」の作者・清少納言である。すでに一千年前の京には、そのような冷めた目で節分の行事を眺めていた女性がいたことになる。これもまた知っておくべきだろう。

◎季節の言葉 春近し・春隣2010/02/03

 文字通り、春がすぐそこまでやって来ていることを季題にしたものである。同様に春隣にも、春はもう隣まで来ている(明日はきっとこちらにも来るだろう)という感慨が込められている。

 太古の昔、文明が未開だった頃の人々は今よりも寒暖の差に対して敏感だったのだろうか、それとも鈍感だったのだろうかと考えることがある。着衣の発達という点から見れば今より遙かに薄着だったろうから寒さは感じやすかったと考えたくなる。だが気温を感じ外気に耐える側の皮膚から見ればそうとも言えない気がする。

 四六時中ビルの中や地下街で暮らす人はいざ知らず日中のある時間帯、毎日必ず外気に触れる生活をしている人にとって季節の変化を最も強く感じるのは日の光ではないだろうか。日の出・日の入りの時刻、そして太陽の位置・高さ、これらが変化することによって日照時間は伸び縮みするし、光の強さも格段に変わってくる。

 木々の芽吹きや葉の緑など目に映ずるものももちろん季節の変化を教えてくれる。だが先ほどの寒暖の差など外気温の変化も含めて、そうした移り変わりの全てが実は太陽光によってもたらされていることを忘れてはならない。この点に思いを致すことこそエコロジーの第一歩であろう。

  日あたりて春まぢかなり駅の土堤 山口誓子


 ※こんなときでないと西洋タンポポには出番が回ってこない

◆自民党に春の兆し2010/02/04

 今日は立春。暦の上では今日からが春である。しかし日本列島はこのところ寒気にまとわりつかれて身動きできない。この小さな列島のどこにそんな魅力があるのか、まとわりついて離れないのは寒気だけではない。マスメディアの奢りに大企業の不遜までが加わって連日メディアを賑わせている。

 生活が苦しいとか幼児が虐待されているとか煽り立てながら、それらの改善をどう図るかよりもゴシップ記事捜しとその提供に忙しい。そして相撲取りの乱行だの愚行だの、巷の結婚詐欺だの殺人だの、やれ政界ボスの黒い資金だのと、あることないこと事実も推測もごちゃ混ぜにして騒ぎ立てている。これでは社会の公器が聞いて呆れるし、新型車の応援をしたり手抜き自動車会社の業績まで案ずるに至っては天候どころか気分までもが寒々しくなる。


 そんな中、今週は一つだけ微かにではあるが思わぬところに春の兆しを感じた。与党惚けに陥った政党のことは先日「新釈国語」で解説した。今週は、これに該当する政党の機関誌に予想外の直球記事が掲載されていた。題して「しっかりしろ自民党」、その(下)にあたる紙面に微かな兆しが現れていた。

 何しろ“国民の生の声を聞き、政策に生かす「なまごえ☆プロジェクト」”なるものを先週末に始動させたばかりの党である。その機関誌だから驚くには値しないという意見もあろう。だが、いくらテーマが「しっかりしろ自民党」とはいっても「波乱の生涯を閉じ」たとか、「もはや野党としても蘇生の見込みがない」と断定し、長年の失政のツケを払わされて汲々としている民主党を攻める資格なし、自分の夢をひとつも語らない、恋敵の悪口ばかり並べる、とまで言い切ったのだ。少しは驚いてあげてもよいだろう。もっと驚きたい向きは機関紙「自由民主」2402号(平成22.2.9号) p12 をお読みあれ。

 すでに彼の党は冬も春も夏も感じない、ただただ昨秋長月の節分のみが続いているのだという診断のあることは知っている。それでもここは前向きに受け止めてあげようではないか。それが人情というものであろう。と、ここまで書いて気になったのが、この提言に対する彼の党のコメントだ。「正に“辛口”な内容ですが、その中にも、わが党再生への期待が込められた叱咤激励になっています」とは一体どこをどう読んで書いたのか。これぞ惚けの最たるものではないか。前々回2400号(平成22.1.26号)掲載の(上)との区別が怪しくなっているのだ。


 ※今が冬の時代なら、次に訪れるのは春のはず…。

■リーク--新釈カタカナ語2010/02/05

 特定の関係者以外は知りうるはずのない秘密や情報を、ある意図の下に第三者に漏らすこと。英語 leak を片仮名で表記した言葉。秘密や情報の中身は国家機密、企業秘密、捜査情報、個人のプライバシーに関わるものなど様々だが、それらを第三者に漏らしたり公表されるよう仕向けることによって、みずからの利益を図る、みずからの立場を有利に導く、または相手の立場を不利にするなど常に一定の狙いや意図を持って行われるところにこの行為の特徴がある。そのため漏らし方も年々工夫され、巧妙となり、漏らしたことを追及されたり、情報源の特定ができないように努める場合も見られるが、漏らされた秘密や情報の中身を精査すればそれらを知りうる立場の人物の絞り込みは可能になるため、一般にこうした努力には余り意味がないと言える。


 なお政治資金などの問題で政治家の秘書を逮捕して取り調べる場合に、検察は逮捕権の乱用や捜査権の乱用を指摘されないよう必死で被疑者を悪玉に仕立てようとしたり、問題がいかに邪悪なものであるか・不正金額がいかに大きいかといった被疑者側に不利な情報を普及させようと、関連する捜査情報などを故意にマスメディアに漏らして世論を形成しようと画策することが頻繁に試みられるようになった。また捜査手法の一環としてこれらの情報操作を行っているのではないかと指摘される例も近年増えている。


 こうした情報は取材する側の記者にとっては飯の種でもあるため互いの利益を共有する形でそのままニュースとして報道し、結果的に検察側の意図に与(くみ)するメディアも少なくない。いついかなる情報であれ必ずウラを取って報道するのが責任あるメディアの鉄則だが、供述情報と言われるもののウラを取ることは容易でない。そのため近年は「関係者への取材で分かった」とか「といわれる」「のようだ」などの曖昧な表現を使って、とにかく検察側の意図どおりの情報流布に加担するメディアの例が後を絶たない。読者も視聴者もマスメディアに対する監視だけでなく、こうしたメディアがもつ情報流布の機能を巧みに利用しようと考える隠れた存在のあることを忘れてはならない。そうでないと税を使った卑劣な行為を放置したり見逃すことになってしまう。


※知りうるはずのないことが報道されて知れ渡ることの不思議さに気づこう。

◆ホームページの品格2010/02/06

 立春を過ぎ本格的な梅見(うめみ)の季節を迎えた。陰暦二月は梅見月でもある。だが最近は梅見などという言葉は滅多に聞かれなくなった。もっぱら観梅か、あるいは梅まつりと呼ばれている。かつて蕪村が詠んだ「さむしろを畠に敷て梅見かな」の句から想像される長閑で鄙びていて日溜まりの温もりまで感じさせるような、そんな風景を期待しても無理なのかも知れない。


 そう思いながら、試しに梅林や梅園の様子を知ろうと市町村や観光協会などが運営するホームページをのぞいてみた。そこで感じたのは、どうやらホームページにも品格というものがありそうだという点である。品格についてはいずれ「新釈国語」で検討しなければならない言葉だろうが、画面にそのページが表示されたときの印象が実に種々雑多であることに気づいた。祭りらしく賑やかに騒々しくその雰囲気を伝えようとしているページや日用品市場さながらにアイコンのごった返すページを多く見かけたが、中には落ち着いた画面構成を心がけたり梅の印象や雰囲気を大切にしていると感じさせるページもあって面白かった。まさにそれぞれのページが、それぞれの町や地域の土地柄を伝えているのである。


 画面に映し出されるものは一般に情報と呼ばれ、文字と画像で構成されている。これに時には音声の加わることもあるが、それらが総合して訴えかけるもの、あるいは全体として感じさせる雰囲気、それがこの例で言えば土地柄ということになるだろう。しかもそこに何らかの品(ひん)を感じさせるためには、やはりホームページを制作する側にも、それを発注する側にも日頃からこうした点に対する自覚がなければならない。洗練されたページなどと口で言うのは簡単だが梅は工業製品ではない。生き物である。同じ梅と言っても生育している環境がみな異なる。空気が違うし、光が違う。その年々で微妙に変化もしている。育てている人の顔は違うし、思いも違う。もちろん歴史も違う。自動車や電化製品と同じ感覚では人を引きつけ、見る人を堪能させる梅のページは創れない。


◎言葉の詮索 なまめかしい2010/02/07

 今この言葉は異性に対し平常心を保てなくさせるような、女性特有の格別な魅力を表すときに用いられる。漢字で「艶めかしい」と記すのも、もっぱらこの意を伝えようとしてのことであろう。そのため「あでやかで色っぽい」などと説明する辞書も少なくない。しかし元は「なまめく」から出た言葉であり、「なま」とは本来そうした色っぽさや色気とは無縁の言葉である。

 名詞「なま」は生とも記されるように生きていることを示している。しかしそこから転じて例えば火で炙ってないこと、煮てないことを表すようになったとき「なま」の使われ方に変化が生じた。「なま」から受ける印象が多様になり、未熟とか不完全とか、さらには中途半端などの意を感じさせる言葉へと変わっていった。

 一方「めく」は今でこそ名詞や副詞や形容詞などに付いて「…のような状態になること」を表す接尾語として知られるが、元は四段活用の動詞であった。春めく、時めく、古めく、ざわめく、ひしめく、ひらめく、ほのめく、よろめくなど多くの言葉にその形骸を見ることができる。この「めく」を意図的につくりだそうとするのが「めかす」である。うごめかす、きらめかす、時めかす、ほのめかすなど現代でも「それらしく見せる」や「そのように振る舞う」の意を含んだ言葉として使われている。だが、この動詞の特徴を最も端的に表すのは「粧す」である。一般には化粧を念入りにすることであったり着飾ったりすることの意に用いられるが、そうしたことの背景にはそのように見せたい、思われたいという強い意図があって実行される点に注意したい。

 では「なまめかしい」に色っぽさや艶など女性的な格別の魅力を感じるようになったきっかけは何だったのだろうか。ひとつは技巧が尊ばれた平安貴族文化の裏返し・反動によるものではないかと推測される。万葉の時代に見られたようなおおらかな男女関係からの変化とそれにともなう技巧および過ぎたる技巧への反動である。写真の大根はそれを説明するために掲載した。


 上掲は本来の「なまめく」を鄙びたものとして嫌い、これを避けるために化粧を施したり衣装を工夫して「粧す」ことに努めたものを表している。といっても実際には撮影する大根ができるだけ白くきれい見えるように、ヒゲ根や横筋の入っていない場所を選んだだけのことである。が、ヒゲ根や土色の残る横筋などがフレームの外に押し出されることで、写真には今風の言葉を使うなら「美白」とでもいった一種の洗練された美の追求の結果だけが写し出されている。これに対し次に掲げるのは畑から掘り出した大根を根菜としての特徴や根の曲がり具合などがそのまま見えるように撮影したものである。


 どちらの大根に、より多くの「なまめかしさ」を感じるだろうか。現代では人により、それぞれに育った環境や風土や文化の差があるので美の感じ方は一様ではない気がする。だが紫式部など平安貴族が用いた「なまめかし」は派手やかさや煌びやかさなど過度の技巧による装飾を排する一方で、決して万葉の素朴な生(き)のままの美を再評価したわけではなく、技巧を感じさせない程度にさりげなく演出されたり追求されたりした美のことを指していたと考えられる。

◆履霜堅氷至 気の早い話2010/02/08



 先月、白梅日記の中でシェリーの詩について紹介した。例の「冬来たりなば春遠からじ」の句が出てくる詩のことだが、寒の季節が開け立春も過ぎたというのに日本列島は各地で大雪や地吹雪に見舞われ雪崩の被害も出ている。心は暦に期待しても、日々の気象は冷厳な自然界の法則に従って変化するのみだ。決して我々の期待を優先することはない。

 そう思っているとき、秋から冬に至る季節の移り変わりを表した警句を見つけた。今度は英詩ではなく、中国周代の占いを集める易経に記された言葉だ。春から夏を通り越してしまい、いささか気の早い話にはなるが忘れないうちに紹介しておこう。

  履霜堅氷至(霜を履みて堅氷至る)

 堅氷は堅い氷の意。堅い氷の張る寒く冷たい真冬の季節が到来することを表している。履霜は、そうした季節の前には必ず寒さの訪れを予測させる霜の降りる時期があるものだ、霜を踏んだらそれが寒い冬の予兆であることに思いを致さなければいけないの意である。堅き氷は霜を履むより至る、と訓んだ書もある。全体として大事の前の小事を見逃すなの意とされる。いずれにしても冬が来て絶望するのも愚だし、霜が降りたくらいで騒ぎ立てても仕方がないという気もする。

 ⇒http://atsso.asablo.jp/blog/2010/02/01/4850612 季節の言葉 凍る・氷(2)

 だが寒い冬の到来と秋の霜との間には大きな差がある。冬なら春の到来までに長くても3ヵ月の辛抱で済むが、霜の場合は春の到来まで4ヵ月も5ヵ月も寒い季節を耐え抜かなければならない。耐える時間の長さに開きがある。それくらいは知っておいてよいだろう。換言すれば春が近いと浮かれていると半年後には必ず秋が来るのだぞ、その時に十分な備えがないとその先の季節は到底乗り切れないぞ、と教えているのである。


◆空徳利を振ってみる 手段と目的2010/02/09

 政党とは政治的徒党の意である。政治に関わる主義や政治的な主張に基本的な共通項または多くの共通点を持つ者が寄り集まって、つまり徒党を組んで、それらの主義や主張が実現される国家をつくろうと活動する団体のことである。だから目的は自分たちの主義や主張を実現することであり、そのための手続きや仕組みづくりである。民主国家ではこれを法案づくりとか立法措置と呼んでいる。

 ところが、こうした法案づくりや立法措置には徒党の数が問題になる。議会を通すために審議を尽くすことはもちろんだが最終的には議会を構成する議員の過半数の賛成を得なければならない。議院内閣制はこうした関係や手続きの在り方について政府と議会との関係を定めた制度であり、イギリスで生まれた。日本国憲法もこれを採用している。議院内閣制における政権の交代や政権の奪取は政治的徒党を組む者にとって法案づくりを円滑に進める言わば手段に過ぎない。高邁な政治的理想などがあって初めて政権交代も政権奪取も意味をもつのである。


 換言すれば政治的理想や政治的主張の中身によって政党は評価されるのであり、そうした理想ももたずに単に徒党を組んでいるだけでは政党とは言い難い。他の様々な徒党との区別も難しくなる。昨今の政界の動向を見ていると肝心の理想や主張に関する議論が極めて貧弱で、世界の中の日本という視点で今後の外交関係とりわけアジア諸国との関係を真剣に考える政治家がいるのだろうかと案じられてくる。

 少子高齢化の問題にしても、食料やエネルギーの問題にしても、温室効果ガス排出量の削減問題にしても、普天間飛行場など在日米軍基地の問題にしても、外国人参政権の問題にしても、郵政やJALの問題にしても、民法や刑法改正の問題にしても常に全地球的な視野・視点で発言できる政治家が多数派にならなければ結局は幕末の尊皇攘夷派レベルの議論で終ってしまう。黒船の頃にはなかった新聞やテレビがあっても、不安を煽り瓦版を売るだけの商売では社会の木鐸(ぼくたく)にはならない。ここはどうしても政治家自身の奮起が必要なときである。(つづく)