○春の嵐--大銀杏行年一千歳2010/03/12

 昨日10日は65年前に東京大空襲があった日です。前夜の関東地方は季節外れの低気圧の通過で、所によっては雪も混じる嵐の晩となりました。俳句では音の関係で春の嵐のことを春嵐(はるあらし)、春荒れ、春疾風(はるはやて)などと呼ぶようですが、一般には春先に吹く強い南風の意です。多くは寒冷前線の通過にともなって吹くので雨の混じることがあり、気温が低いと雨が雹(ひょう)に変わることも少なくありません。そのためすっかり春めいた後にこれに見舞われると農作物に思わぬ被害をもたらします。

 ところで神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮ではこの嵐によって正面石段の左手にそびえる大銀杏が根元から倒れたとニュースになっていました。原因を前夜に舞った雪の重みのせいだとか、冠雪害などと報じるものもあったと聞きますが、こんな出鱈目を誰が言い出したものか不思議でなりません。改めて映像を調べてみてもどこにも雪は映っていません。一時的に白いものが雨に混じったことまでは否定しませんし、それが通常の雨よりも大銀杏には重く感じられたであろうことも否定はしませんが、そんなことを原因に挙げるようでは樹木の本当の専門家にはなれません。

 樹齢千年と云われる超人的な老木ですから、ここまで生きてきたことの方がむしろ不思議なくらいです。地面の片側を石段に覆われ、決して住みやすい場所ではなかったでしょう。すでに寿命は尽きかけていて21世紀に入ってからというもの、いつ朽ち果てるかは時間の問題でした。それを早めたのが昨秋10月に日本列島を襲った台風18号の暴風雨です。

 八幡宮の石段を登り社殿が近づいたら振り返ってみてください。段葛の向こうに鳥居が2つ見え、その先に材木座の海岸の広がっている様子がよく分かります。昔は段葛の辺りまで入江になっていたものが徐々に湿地へと変わりつつあったとき、たまたま幕府が開かれることになって埋立てなどの整備が行われたのです。今でも大銀杏から海岸までは2キロメートルかそこらの距離しかありません。しかもその間を遮るものが何もないので強い海風が吹けば、たちまち風に乗って海水が飛んできます。

 台風や大風の後、決まって境内の樹木の海側が茶色に変わってしまうのは、この潮風のためです。夏のうちなら若くて元気な樹木であれば新芽を吹くことも可能ですが、昨年は悪いことに黄葉との中間の時期でした。大銀杏は近年こうした海風によってすっかり根の力を弱らせ、特に昨秋以降は根の末端部分で枯死が進行していたと見るべきです。

 この点を八幡宮の関係者も市の観光協会などの関係者も見落としています。歴史遺産などと吹聴する前に、もっと生き証人としての大銀杏を大事にし、その悲鳴にも耳を傾けるべきでした。それでも倒れた時間帯が昼間でも早朝でもなく、それより早いまだ暗いうちだったことに安堵しています。お陰で人的な被害だけは出さずにすみました。不幸中の幸いと云うべきです。

 実朝が暗殺された際の生き証人とも云われる樹木ですが、実際の暗殺場所については疑問や異論もありますからここでは立ち入りません。それよりも実朝の事件から八百年もの長きにわたり生き続けてきたものを何の手立ても施すことなくむざむざ失ってしまったことに深い悲しみを覚えます。「武家の都」鎌倉は大切なものをまた一つ失ってしまいました。これだけは紛れもない事実です。


 写真は、この同じ晩に同じくさんざんな目に遭った玉縄桜の前日の姿です。花の命が一般の桜より長く1ヵ月も咲き続けると云われる品種ですが、満開に入っていたので春嵐の前にはひとたまりもなかったようです。(3月11日記)

◎季節の言葉 ひな飾り2010/03/03

 今日は春の節句。近ごろは「節供」より「節句」の方が多く用いられる。だが本来は節(せち)の日に供えるものの意である。だから「節供」と記すはずだが、いつの間にか替ってしまった。これも一度確かめておく必要があろう。なお節とは季節の変わり目ごとに祝いをする日のことで、元日(一月一日)に始まり、三月三日、五月五日、七月七日、九月九日と続く。

 子どもの頃、娘はいなかったが毎年この季節になると父が土蔵から「お雛様」を出して飾ってくれた。おそらくは伯母・叔母たちが買ってもらったものを姉妹で分けるわけにもゆかず、そのまま生家に残したのだろう。だから明治の作ではないかと思う。飾ってもらえたのは小学校までで、その後はぷつりと姿を見なくなった。土蔵の奥を探せば、きっとどこかで眠っているに違いない。

 また見たいものだ、今年こそは出そう・探そうと思っているうちに30年も40年も過ぎてしまった。どこにしまってあるか、もう教えてくれる人もいない。今のうちに見ておかないと、お雛様の存在すら誰も知らなくなってしまう。

  雛菓子の美しかりし世もありし 池内たけし


 写真の雛はパンフラワーを素材にした素人の作だが気に入っている。豆菓子のように小さくて可愛い。

◆りんごの誤解 残留農薬(3)2010/03/02

 ボルドー液はその名の通りフランスのボルドー地方におけるブドウ栽培から始まった果樹のための殺菌剤である。ブドウもりんごも収穫前のまだ木になっている状態で観察すると、いずれも表面が白く粉を吹いたように見える。ブドウの場合は果皮には直接手を触れないのが理想だから店頭で買い求める際にも、この白い粉を吹いたようなものは例外なくほぼそのまま残っている。

 だから気にする人は多分これを農薬のせいと思うだろう。そして白いものを洗い落とそうと懸命に水をかけたり、一粒一粒丁寧に粉を擦り取ってから食卓へ出している。また口へ運ぶ際にも皮が口へ入らないよう丹念に表皮を剥き去っている。だが注意深い人なら、この白い粉のようなものの付着がどうも農薬の散布とは関係ないとすぐに気づくはずだ。なぜなら農薬など全く散布していないその辺の庭の甘柿などにもうっすらと付いているからである。


 この正体は果粉と呼ばれ、りんごや柿やブドウなどが果皮の内側から出している保湿成分の一種である。生物として果実内の水分蒸散を調節するために自分自身で一種のワックスをつくりだし、自分の力で表皮に塗って保護に努めているのである。だから蝋のように固まってうっすらと白く見えるものもあれば、品種によってはまるで油でも塗りつけているかのようにベトベトするほどたくさん付いていて、洗剤を付けたスポンジなどで擦っても容易に落ちないものもある。りんごで云えばジョナゴ-ルド、つがる、千秋などが後者の例になろう。

 いずれにしてもこうした誤解が生まれる背景として、りんご農家を始めとする生産者側に情報提供の面で不足するものがあることを指摘しておきたい。またこうした問題の解決を行政に頼りすぎた嫌いもある。不審が不信を生み、言い訳がまた不審につながるという負の連鎖を断ち切るために、どうしてもこの辺で生産者自身による情報の積極的な開示と情報を継続して提供するための自助努力を始める必要がある。まずは農薬散布の実情を公表する農家・農園が増えてゆくことを期待したい。(了)

◆りんごの誤解 残留農薬(2)2010/03/01

 とは言え、人はそれぞれである。気にする人は気にするし、気になる人は気にして眠れなくなるかも知れない。そういう品は正直口にしないのが一番だが、それでは生産者が困ってしまう。こういう人は従来どおりに皮を剥いて食べるしかない。ミカンの皮と同様、この部分は食べないものと考えるよりほかあるまい。

 鯛の頬肉やヒラメの縁側を知らない人に、それらの美味さをいくら語ってみても始まらないのと似ている。ウマヅラハギは皮が厚くて食べられないだの、食べたこともないのに不味いと決めつけて平気で海や浜に捨ててしまう食の通人や美食家に説法するようなものだろう。所詮人は顔つきが違うように育ちも価値観も違うのだから無理に押しつけても仕方がない。


 もうひとつの方法は、公開されている農薬散布の計画表を入手し、不審な点は実際に現地へ出向いて自分の目で確かめるとよいだろう。例えば収穫のだいたい50日ほど前に散布するボルドー液が、りんごの皮の表面に点々と白く斑模様を残していることだってあるかも知れない。それらが果たして本当に水に落ちるものか、そもそもボルドー液とは何なのか、白い液体はどんな薬剤から作られているのか、皮の内側には吸収されないのかなど率直に疑問をぶつけ、納得の行くまでつぶさに調べることをお勧めする。都会の消費者がエアコンや空気清浄機の完備したビルやマンションの中で、自然環境の保護が必要だの食の安全が危ういだのと議論をしているよりは遙かに健康的だろう。

 一方、全国の果樹農家・農園には積極的にこうした計画表を公開し、消費者が直接自分の目で確かめる機会を設けて欲しいと願っている。そうすることで果樹など農作物栽培に対する真の消費者理解が進み、農薬散布に対する過剰な疑念や誤解が晴れることを期待したい。参考までに、ある農園の2010年の農薬散布計画及び実施結果をお目にかけよう。(つづく)

 ⇒ http://park7.wakwak.com/~hironiwa/Apple/chemical.pdf ヒロニワ農園(長野県飯田市)

◆りんごの誤解 残留農薬2010/02/28

 敗戦後を生き延びた世代にとってDDTは、ある種の懐かしさも湧いてくる白い粉末の殺虫剤である。進駐軍がシラミ退治のために持ち込み、小学校を回って子どもたちに頭の上からこの粉末を振りかけた。そんな光景を覚えている世代もまだ多いことだろう。このDDTが自然環境を破壊していると米国の女性生物学者レイチェル・カールソンが警告したのは1962年である。日本では高度成長が始まって間もない頃であり、彼女の著作 Silent spring に注目した人は希だった。「沈黙の春--生と死の妙薬」と題した邦訳が出版されるのはそれから12年後の1974年、日本におけるDDTの使用禁止はそれより3年早い1971年のことである。この年には環境庁が発足した。

 こんなことを書いたのは白い粉や白く乾いた器具の表面などを目にすると、つい昔のDDTのことを思い出すからである。かつて秋のりんごといえば国光が普通だった時代にはそれほど、この白く乾いたりんごの皮の表面は気にならなかった。井戸の水か川の水でちょっと洗って囓れば上等、普段はそんなこともせずにそのままドイツ娘と同様ズボンの膝で擦るくらいでかぶりついていた。それがある時から急に衛生観念が発達したのか皮は食べなくなった。ふじと呼ばれる甘い品種の登場した頃と時期が重なっているような気もするが明確ではない。とにかく必ず皮を剥き、それを四つ割りしてから食べるようになった。


 しかし今はまた変わった。りんご農家に知り合いができ、農薬散布の実際を一年を通して観察し、使用する農薬の中身についても自分の目で確認し、これなら特段りんごの皮を避ける理由には当たらないだろうと決めたからである。りんごの皮の美味さと、残留農薬摂取の怖さとを秤にかけた上での結論でもある。完全無農薬りんごは、りんごに限らず食全般について理想と思う。だが農薬散布を止めるとどうなるか病害虫の猛威を何年も続けて目の当たりにしていると、とても現実的な策とは思えない。

 それでも他の農家の内情まで全て観察しているわけではないし、特に最後の消毒・農薬散布の実施日を常に確認して購入しているわけでもないから食べる前にはそれなりに流水で洗ってはいる。実施日を確認しても収穫までの降雨量や雨の回数・降り方、雨の時の風の強さ・向きまで調べないと残留農薬の予測はつかない。そこまで気にするより、その分だけ丁寧に洗った方が賢明だと気づいたからである。(つづく)

○待ちに待った青空そして夕焼け2010/02/18

初冬から彼岸過ぎまでの四ヶ月余りをたった一日で体験したような、そんなめまぐるしく空模様の変わる一日だった。

 まず目を覚ました時、窓の外には雪が舞っていた。ところが、もう一眠りして目を覚ますと、一体どれくらい降ったのかも分からないほどに溶けてしまっていた。あの雪はもしかしたら夢の中だったのではと思うほどだった。


 夕方、散歩に出た。待ちに待った青空が広がっていた。いつもの寺に着いて見上げると、上空を飛行機が通過して行った。やっぱり青空はいい。


 いつものように石段を登り、庫裏、本堂、阿弥陀堂、釈迦堂と境内を順々に一巡りした。山の中腹まで来た時、峯の枯れ木に止まっている大きな鷹の姿を見つけた。日はだいぶ西の空に傾いていた。


 坂を下って庫裏の前に戻ると、ちょうど松の木の向こうに夕日が沈みかけていた。急いでシャッターに収め、境内を後にした。

  らちもなき春ゆふぐれの古刹出づ 下村槐太


 家路につくためもう一度山道を登ると、西の空に沈みかけた夕日の残光が厚い雲の向こうからさかんに「さようなら」と手を振っていた。明日の空模様が気になる。週末は気のあった友だちと久しぶりのハイキングを予定している。晴れて暖かくなるよう祈って、家路を急いだ。


◆空徳利を振ってみる 料亭じみん2010/02/13

 自民党など旧政権与党の再生の行方は今後の日本の政治状況を占う上でも重要な要素であることは疑いない。だが現状は益々望み薄の状態と言えるだろう。政治的理想の見えないことはすでに書いたが、さらに驚いたのは何を勘違いしたものか衆議院解散まで持ち出したことである。衆議院解散とは総選挙のことである。総選挙をするためには候補者を立てなければならない。候補者とは将来の政治家である。政治家とは政治的理想に燃える人々である。そんな人がどこにいるだろうか。いればとっくに理想も見えるし、党内の議論も活発に行われ、国会審議にもその一端は反映されているだろう。それがさっぱり見えないから案じているのだ。


 こういう党の代表者や執行部を見ていると70年80年前の日本の軍部の軍人たちを思い出す。160年前の攘夷派の大名や家臣たちを思い起こす。その結果については言うまでもなかろう。腕利きの仲居に愛想を尽かされ去られて以来、どうも料亭「じみん」は経営が思わしくない。昨今は馴染みの客にまで愛想を尽かされる始末とか。哀れと思って寄ってはみたが、なぜか徳利の酒がすぐ冷める。料理はテキシツのフライに炒め物、揚げ足鳥の唐揚げと場末の居酒屋を思わせるし、そもそも酒の味が薄い。庭の井戸から水でも汲んで量目を増やしているのだろうか。

 こんな店によくこれまで客が金を払っていたものだと妙に感心しながら、女将か番頭でも呼んで文句を言おうと徳利を振ってみた。が元より空徳利である。音の出るはずもない。そんな場所へ立ち寄った我が身に腹が立つだけだった。急いで勘定を済ませ、寒の戻った町へ出た。おお寒い。(了)

◆空徳利を振ってみる 官僚の献立2010/02/12

 政策の立案など土台、彼等には無理な仕事なのだ。政権与党の座にあったとき何となく順調にこなしているように見えたのは、裏で霞ヶ関の官僚たちが内政面の大枠をお膳立てしてくれたからである。国際関係は米国の後ろ盾があったから、その顔色を伺いながら機嫌を損ねないよう努めていたに過ぎない。しかし官僚たちが滅私奉公などするはずもない。十分すぎる福利厚生、世間の常識を超える退職金、そして数々の天下り先と、その見返りはしっかり受け取っている。米国とて同じこと、事あるごとにあれを買え、これを買えと要求したり、様々な支出の肩代わりを強いてきた。

 旧政権党の国会議員たちにどのような政治的理想があったのか、誰か確かめた人がいるだろうか。本当にそうしたものがあったのかさえ実は疑わしいのではないだろうか。そんな連中でも私腹を肥やすことには人一倍熱心に取り組んできた。だからこそ政権交代で利権を奪われたと勘違いし、その腹いせに騒ぎ立てているのではないだろうか。どうしてもそう見えてしまうのである。


 しかも野党に成り下がった自民党のすることは旧野党の日本社会党などの活動と比べても誠にお粗末なものである。ひたすら猿まねを繰り返している。新しい戦略も工夫も知恵も見あたらない。彼等が政権党であった時代、多くの日本人は自分が食べることと家族を食べさせることで精一杯だった。毎日そのために汗を流し、夢中で懸命に働いた。だから政治家や官僚に多少の粗相があっても振り向く暇はなかった。そんな余裕があれば、その分は自分の稼ぎに回すことを考えた。

 自民党が長期政権を維持できたのは、こうした勤勉で実直な多くの日本人のお陰であったことを知る必要がある。だから政権を奪い返したければ、これらの勤勉で実直な多くの日本人にまず感謝し、詫びを入れ、議員を辞めるのが王道である。そして自費で勉強し将来、政治的理想に目覚めることがあったら、そのとき出直しを考えたらよい。こういう苦労の末に理想に燃えて集まった人々ならきっと世間も、もう一度政権を担う機会を与えてくれることだろう。(つづく)

◆空徳利を振ってみる 政治の内実2010/02/11

 そのため今や自民党は、なす事の全てが新政権党攻撃の手段と化してしまった。元々が怪しかった主義風の主張などをかなぐり捨てるのはよしとして、自分たちが撒いた政権党時代の愚策の種の後始末にまで文句を付けている。何でもかんでも攻撃の材料にして騒ぎ立て、やれ内閣総辞職だの衆議院解散だのと、その意味も考えずに勇ましいことを並べ立てている。その姿はリングサイドの興奮した観客にも似て愚かしいが、当人たちがその愚に気づくことはない。敵失の甘い牡丹餅に引きずられるように後ろ向きの政治屋家業から抜け出せなくなっている。


 疑惑だ何だと攻撃する材料はマスコミが準備してくれるし、揚げ足を取るのも相手を難じるのもただただ相手の失策や思慮不足や不注意を推測と憶測で練って並べ立てるだけだから評論家と差がない。大して頭を使わなくても十分に仕事をした気になれる。言い放しの気楽さと相手を困惑させる快感に酔いしれて一日が終る。そんな輩の溜まり場所が東京は千代田区永田町の自民党本部である。何だか鶴のマークの飛行機会社と似ていないだろうか。失速の日が近づいている。(つづく)

◆空徳利を振ってみる 手段と目的2010/02/09

 政党とは政治的徒党の意である。政治に関わる主義や政治的な主張に基本的な共通項または多くの共通点を持つ者が寄り集まって、つまり徒党を組んで、それらの主義や主張が実現される国家をつくろうと活動する団体のことである。だから目的は自分たちの主義や主張を実現することであり、そのための手続きや仕組みづくりである。民主国家ではこれを法案づくりとか立法措置と呼んでいる。

 ところが、こうした法案づくりや立法措置には徒党の数が問題になる。議会を通すために審議を尽くすことはもちろんだが最終的には議会を構成する議員の過半数の賛成を得なければならない。議院内閣制はこうした関係や手続きの在り方について政府と議会との関係を定めた制度であり、イギリスで生まれた。日本国憲法もこれを採用している。議院内閣制における政権の交代や政権の奪取は政治的徒党を組む者にとって法案づくりを円滑に進める言わば手段に過ぎない。高邁な政治的理想などがあって初めて政権交代も政権奪取も意味をもつのである。


 換言すれば政治的理想や政治的主張の中身によって政党は評価されるのであり、そうした理想ももたずに単に徒党を組んでいるだけでは政党とは言い難い。他の様々な徒党との区別も難しくなる。昨今の政界の動向を見ていると肝心の理想や主張に関する議論が極めて貧弱で、世界の中の日本という視点で今後の外交関係とりわけアジア諸国との関係を真剣に考える政治家がいるのだろうかと案じられてくる。

 少子高齢化の問題にしても、食料やエネルギーの問題にしても、温室効果ガス排出量の削減問題にしても、普天間飛行場など在日米軍基地の問題にしても、外国人参政権の問題にしても、郵政やJALの問題にしても、民法や刑法改正の問題にしても常に全地球的な視野・視点で発言できる政治家が多数派にならなければ結局は幕末の尊皇攘夷派レベルの議論で終ってしまう。黒船の頃にはなかった新聞やテレビがあっても、不安を煽り瓦版を売るだけの商売では社会の木鐸(ぼくたく)にはならない。ここはどうしても政治家自身の奮起が必要なときである。(つづく)